パートをしている理由とは

子供が小学校高学年位になると、一人で留守番出来るようになることから、パートに出ようと考える主婦が増えます。

パートの面接を甘く見てはいけない

子供が小学校高学年位になると、一人で留守番出来るようになることから、パートに出ようと考える主婦が増えます。こうした主婦の多くが、面接を甘く見がちです。正社員として就職するわけじゃないんだから、面接で聞かれることも多くないと思うでしょうが、その考えは改めた方がいいです。最近は、パートにも責任ある仕事をしてもらいたいと考え、採用に力を入れる会社が増えてきています。当然、正社員とか非正規社員とか関係なく、意欲のある人を欲しているわけですから、面接も軽い気持ちで臨んではいけません。この会社で働きたいと言う熱意を伝えることが大事になってきます。

また、パートの面接だからカジュアルな服装で行っても構わないと勝手に考えている人もいます。スーツを着ていくことが絶対とは言いませんが、Tシャツにジーンズではあまりにも失礼です。モノトーンを基本としながらも、暗くなりすぎず清潔感のある服装で面接を受けましょう。スーツを着ていく必要はないとは言え、楽なのはやっぱりスーツです。女性の場合、スーツでもパンツとスカートの2パターンがあり、どちらがふさわしいのか悩む人も沢山います。しかし、どちらを着てもマナー違反ではありません。